味覚も理解するパーソナル人工知能「SENSY」がヘルスケア分野に

カラフル・ボード株式会社(本社:東京都渋谷区 代表取締役CEO:渡辺 祐樹 以下、カラフルボード)は、一人ひとりの感性を個別に解析する人工知能の開発とサービスを提供しています。この度、味覚を解析する技術を活用し、「美味しく健康に」をテーマにヘルスケア分野にサービスを拡大することにいたしました。つきましては、健康アドバイスアプリの株式会社リンクアンドコミュニケーション(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:渡辺 敏成、以下 リンクアンドコミュニケーション)と業務提携し、個人の嗜好に合った食事・運動アドバイスを提供する「パーソナル・アドバイスエンジン」を共同開発いたします。

d13501-20-539969-0.jpg


▼提携概要
 リンクアンドコミュニケーションは食と健康のサポート企業として、全国で約8,000人以上の管理養士・栄養士のネットワークをもとに、食と健康に関する情報サービスを提供している企業です。「健康アルゴリズム」の開発、健康アドバイスアプリ「カロリーママ」「カラダかわるNavi」の提供をしています。
 カラフルボードでは、個人の嗜好・生活習慣の傾向を学習するパーソナル人工知能「SENSY」を開発し、これまで、ファッション、食、コスメなどのライフスタイル分野にサービスを提供してまいりました。
 この度のカラフルボードとリンクアンドコミュニケーションの提携では、個人個人に合わせた食事・運動アドバイスを提供する「パーソナル・アドバイスエンジン」を共同開発し、「カロリーママ」「カラダかわるNavi」などへ搭載していく予定です。
 これにより、個人が好む料理の傾向や味付け、よく食べる野菜・魚・肉などの食材、日頃の運動習慣の傾向など、個人の 嗜好・生活習慣の傾向を学習した健康アドバイスを提供することが可能になります。

▼「パーソナル・アドバイスエンジン」とは
 「パーソナル・アドバイスエンジン」とは、カラフルボードの感性を学習するAI「SENSY」をリンクアンドコミュニケーションの開発する「健康アルゴリズム」に連携させたエンジンプログラムです。個人に合わせた健康アドバイスに、個人の嗜好や生活習慣の傾向など、個人の感性を学習したAIが加わることで、よりパーソナルな健康アドバイスの提供を可能にしました。
 リンクアンドコミュニケーションが提供する「健康アルゴリズム」は、科学的根拠に基づいた200万通り以上の食生活へのアドバイスを、個人にあわせて提供できるようにしたプログラムです。
 感性を学習するAI「SENSY」が、ユーザーの嗜好性・傾向などの感性を学習することで、食事アドバイスでは、好みのメニューや食材、手作りするかどうかなど、食生活習慣を考慮したメニューの提案が行われます。また個人の栄養バランスと好みをふまえた1週間の献立やお買い物リストなども提案できるようになります。たとえば、濃い味付けものを日常的に食べている方には塩分を減らしつつも満足度も落とさない献立メニューの提案、昼食に麺類が多い方には麺類の中でも栄養バランスの良いメニュー提案、激しい運動を普段あまりしない方には隙間時間にできる軽めのエクササイズの提案などが自動的に提案されます。

▼今後の開発予定
 「パーソナル・アドバイスエンジン」は、本年10月頃に「カロリーママ」へ実装し、10月以降、「カラダかわるNavi」へも順次実装予定です。
 またカラフルボードとリンクアンドコミュニケーションは今回の取り組みを第一弾として、今後も食と健康分野におけるAIを活用したコラボレーションの可能性を広げていくためのサービス開発を進めていく予定です。

▼「カロリーママ」「カラダかわるNavi」とは
 「カロリーママ」「カラダかわるNavi」は、入力された食事・運動・身体データに基づき、管理栄養士などの専門家による食事・運動アドバイスが、リアルタイムで提供される対話型の健康アドバイスアプリです。「カロリーママ」は一般生活者向け、「カラダかわるNavi」は健康経営を支援するアプリとして、従業員向けに企業健保対象に提供されています。

▼株式会社リンクアンドコミュニケーション 会社概要
社名  :株式会社リンクアンドコミュニケーション
所在地 :東京都新宿区神楽坂3丁目2番地 神楽坂Kビル4階
代表者 :渡辺 敏成
資本金 :3億8,040万円
設立  :2002年7月